抗男性ホルモン剤

抗男性ホルモン剤とは、どのようなものなのでしょうか?どんな時に使用される? - 抗男性ホルモン剤

抗男性ホルモン剤

抗男性ホルモン剤と聞いてどういうイメージがあるでしょうか。抗という言葉がついていることから、男性ホルモンを抑制するという意味があるわけです。男性ホルモンがあることによるメリットも当然あるわけですが、それによって困ったことになった人もいるわけです。困ったことになった人は男性ホルモンを弱める働きがある抗男性ホルモン剤を使うわけです。

抗男性ホルモン剤とは

抗男性ホルモン剤は別名で抗アンドロゲン剤とも言います。アンドロゲンと言うのは男性ホルモンの一種で、ホルモン剤を使うことによってその働きを弱めるという役割を負います。男性ホルモンが原因で悪さをする場合に取られる方法と言えば、男性ホルモンの分泌を抑制する方法と女性ホルモンを増やす方法の2種類があり、抗男性ホルモン剤の使用と言うのは前者を意味します。
ホルモン剤と言えば更年期障害を改善するために女性ホルモンを投与するというイメージを持っていることがあるかもしれませんが、男性ホルモンにおいてもあらゆる疾病においてホルモン剤が投与されているわけです。今回取り扱う抗男性ホルモン剤は男性ホルモンの働きを抑制するわけです。

前立腺の疾病で使われるケースが多い

前立腺の疾病で代表的なものと言えば、前立腺肥大症と前立腺がんの2種類があります。前立腺肥大症は良性腫瘍なのに対して、前立腺がんは悪性腫瘍だというのが違うところなのですが、いずれの病気も50歳頃から発症する人が次第に増えていきます。どちらの病気共に男性ホルモンが多く分泌されていることから発症するケースが多いために、男性ホルモンの分泌を抑えるためにも抗男性ホルモン剤を投与するわけです。
前立腺肥大症は前立腺が肥大しすぎることによって尿トラブルが起きるわけですので、抗男性ホルモン剤を投与することによって肥大した前立腺を小さくすることができるわけです。前立腺がんにおいてがん細胞の増殖を抑えてくれるという役割があります。がん転移や痛みについても効果があるという風に言われています。どちらにしても前立腺の疾病に関しては抗男性ホルモン剤を活用した治療法が取られることが多いです。

体毛や髪の毛に影響を与える

男性ホルモンが及ぼす影響の中には体毛や頭髪に対しての影響が出てきます。頭髪については男性ホルモンの影響によって薄毛になることがあります。男性型の薄毛のことをAGAと呼ぶことがありますが、男性ホルモンが影響して薄くなっているのであれば、男性ホルモンの影響を抑えた抗男性ホルモン剤の薬や育毛剤を投与することによって、薄毛の解消にもつながってきます。まだ毛根が死んでいないというのであれば、太くて強い髪の毛を作ることが可能なのです。
頭髪以外のヒゲや胸毛、すね毛などの体毛に関しては男性ホルモンの影響が強いと毛が濃くなりやすいです。それによって困る人に関しては抗男性ホルモン剤を投与することによって、体毛の働きを弱めることにもつながります。女性の場合はホルモンバランスの乱れによってあまり生えてこないようなところに濃くて硬い体毛が生えてくる多毛症にかかる人もいますので、実際に抗男性ホルモン剤による治療が行われています。

抗男性ホルモン剤を活用した治療法がある

男性ホルモンの働きが強すぎることによって、薄毛になったり、剛毛になったり、前立腺の疾患が起きたり、ニキビができたりすることがあります。これらの症状の解消のために抗男性ホルモン剤が使用されることがあります。

新着情報

◆2017/02/07
抗男性ホルモン剤の情報を更新しました。
◆2017/02/07
当サイト運営者を新規投稿しました。
◆2017/02/07
サイトマップの情報を更新しました。
◆2017/02/07
抗男性ホルモン剤を使って多毛症の治療を行うの情報を更新しました。
◆2017/02/07
抗男性ホルモン剤を使って前立腺肥大症の治療を行うの情報を更新しました。